アイマニ備忘録

自称IT好きが、パソコンやスマホ、Office等に関して思うことを書いています。その他、ゲームや日常についても語るかも。

Google Home miniで、手持ちのCDの曲を聞けるようにしてみました

先日、Google Home miniをセールでゲットした、というお話をしましたが

www.ai-bibo.net

お待たせしました、今回はその続きです。ちょっと長いかも。表題が気になって見に来てくれた方はさーっと後半のほうまで飛んでいただいてかまいません(笑)

そもそもどんな場面で使うのか

買った以上は色々使ってみたいよねー、と半ばおもちゃ感覚ではあるけど、使い道を考えてみました。機能としてできることは色々あるんですよね。店頭で買ったときに一緒にもらった冊子にあった「Google Home活用テクニック」を見てみると、こんなシーンで使うことを想定しているらしい。

  1. 朝の出勤前に必要な情報を得る(天気や予定を確認、ニュースをチェックなど)
    あー・・なるほど。でも営業マンとかじゃないから、確認するほど予定入ってないし、ニュースは朝食中にテレビ見るし。あ、でも天気を聞くのはありかも。
  2. 音楽を聴く(再生に関する操作や曲の情報を知る、など)
    あ、これはいいね。CD買うのに、聞く頻度減っちゃったし。声かけて再生されるのは確かに楽かも。
  3. 家族で一緒に楽しむ(雑学を教わったり、翻訳や歌も対応)
    ・・・・面白いけど。リビングで使うわけじゃないから、とりあえずいーや(←自室に置いて使う想定です)気まぐれに試してみるかな。
  4. 料理を作る(タイマーのセットやカロリーの計算等)
    ・・・・料理を作る人には役に立ちそうだけど、ね(←作らない人です)でも「タイマーをセットする」のは、声でできると楽ね。料理以外でも使えるからこれはありかな。
  5. 就寝の準備をする(翌日の予定の確認や目覚ましのセットなど)
    予定は、うん、確認するほど(以下略)目覚ましは、スマホのアプリで間に合ってるからこれもいいかな。

と、特に大きく取り上げられてるシーンはこんな感じでした。他にも5つくらいあったかな。こうして冊子を見つつ、自分のライフスタイルと照らし合わせてコメントしてみました。その結果、一番個人的に役立ちそうな場面が、2の「音楽を聴く」という結論に。そこで、早速その設定にとりかかることに。

Google Homeで音楽を聴くには

Google Homeで音楽を聞くには、対応する音楽サービスを利用することになります。現状、Google Homeが対応している音楽サービスは、「Google Play Music」と「Spotify」の2つだけ。なお、冊子には、「うたパス」が2018年内に対応予定、とありました。

むむ、どっちも使ったことないぞ。どうしよう、どっちがいいかな。

ということで、最終的な目標は「手持ちのCDの曲を聞く」であることを踏まえて調べた結果、Google Play musicを選択しました(詳細は後述)

手持ちのCDの曲を聞けるようにするには

では、どういう流れで設定すればいいのかというと、ざっくりこんな感じです。

  1. Google Play Musicに聞きたい曲のデータをアップロード
  2. Google Homeを起動、セットアップ
  3. Google Homeで、利用する音楽サービスを「Google Play Music」に設定
  4. お決まりのセリフ(コマンド)で再生を指示

大きなステップとしては、この4つになります。

1. Google Play Musicに聞きたい曲のデータをアップロード

まずは曲のデータの準備から始めます。あらかじめGoogle Play Musicに音楽データをアップロードしておく必要があります。すでにGoogle Play Musicを利用していて入っている人は、このステップは不要です。(私は利用したことがなかったので、ここから始めました)

実はGoogle Play musicには、無料プランと有料プランがあります。有料プランは、いっわゆる定額聞き放題のプランです。ですが、今回行おうとしている、「手持ちのCDの曲のアップロード」は、無料プランでも可能なんです。また保存できる最大曲数は、なんと5万曲!

support.google.com

・・・普通に使ってる分には全然困らない数ですね。なので、今回Google Play musicを選択しました。Google Play musicを使うには、Googleのアカウントが必要です。またアップデートにはパソコンが必要になりますので、ご注意ください。

Google Play musicは、使っているブラウザがChromeであれば、Chrome版を入れると、簡単に追加できます。そのうえで、Google Play musicにアクセスしましょう。その後の手順はここがとてもわかりやすいです(私もここ見ながらやりました)

simply-assi.com

この記事でも触れられていますが、最初だけカードの登録を求められます。でも無料プランを選んでいれば、0円と表示されているので問題ないです。また、iTunesに入れている曲も保存が可能ですよー。

 

2. Google Homeを起動、セットアップ

では今度は機器の準備です。今回は買ってきたGoogle Home miniを準備します。箱を開けると、本体と電源ケーブルの他に、こんな冊子?が入っています。

f:id:ai_mani:20171209161550j:plain

この中で、一番左の青いやつ「使ってみよう」の裏側に最初することが書いてあるんですが・・・

f:id:ai_mani:20171209161657j:plain

それだけかいっ!!!

まぁでもこれだけですね。ケーブルを本体に接続してコンセントに差すとそれだけで本体の電源が入ります。本体のセットアップにはアプリが必要なので、スマホにアプリをインストールし起動します。なお、あらかじめ、Wi-FiとBluetoothをオンにしておくとスムーズです(Wi-FiはWi-Fiの接続設定に、Bluetoothは、デバイスを見つける時に求められます)

画面の指示に従いながら設定を行います。どこで使うのかという場所を設定したり、「OK, Google」と言って音声を認識させる設定もあります。進めていくうちに、今回ポイントとなる、3ステップ目が出てきます。

3. Google Homeで、利用する音楽サービスを「Google Play Music」に設定

f:id:ai_mani:20171209162245p:plain

この「音楽サービスの追加」で、Google Play musicを選択しましょう。

4. お決まりのセリフ(コマンド)で再生を指示

さぁ、これで準備完了です。では実際に音楽をかけてみましょう。指示の出し方は、基本的に「OK Google, ●●かけて」です。●●の部分には、曲名やアーティスト名、プレイリスト名等が入ります。その他、こんなコマンドがあります。

support.google.com

これで、アップロードした曲がかかれば成功です!

最後に補足事項

実は最初、うまくいきませんでした。おそらく理由は、2、3を1より先にやってしまったから。どうやらそうすると、すんなりデータが反映されないようです。もしそうなったときは、Google Play musicのアプリで「更新」をしてください。画面左上の三本線をタップし、出てきたメニューの中から「設定」をタップします。するとこの画面が出てきます。

f:id:ai_mani:20171209165958p:plain

 このなかの上から二つ目の「更新」をタップします。その後でもう一度、4を試してみましょう。(私はこれでうまくいきました)

 

随分長くなってしまいました^^;でもこうすれば、一言二言指示を声で言うだけで音楽をかけてくれるってとっても楽だなぁって思います。これからしっかり活用していきます!

 

© 2016 アイマニ備忘録

スポンサードリンク