アイマニ備忘録

自称IT好きが、パソコンやスマホ、Office等に関して思うことを書いています。その他、ゲームや日常についても語るかも。

いよいよ日本にもApple Payがくる!?

f:id:ai_mani:20160828012903j:plain

こんにちは。せんどうです。とても気になるニュースが飛び込んできました。 

japanese.engadget.com

おお、ほんとに!?ついに!?そうなら、すごく惹かれますね~。便利になること間違いなしですもん。

ではここで、「Apple Pay」が何なのかを振り返ってみましょう。

Apple Payってそもそも何?

「Apple Pay」とは、カードなしで支払いができる決済システムです。今までは店頭でクレジットカードでの支払いを行う場合、クレジットカードを提示しスキャンし、暗証番号を入力するか署名する、という作業が必要でした。Apple Payの場合、こういった作業が不要で、より安全な決済を実現するとされています。

使い方としては、iPhoneに入っているアプリ「Wallet」に、あらかじめ自分のクレジットカード情報を登録しておき、店頭で支払い時にiPhoneをかざす、というかたちです。決済時に、Touch IDを使って指紋認証を行うのも特徴です。 (ちなみに、アメリカ版のApple公式サイトには、紹介動画も掲載されていました。日本版のほうは、Apple Pay自体のページがないです。対応してないですからね^^;)

海外では対応エリアが広がるなか、日本は・・

2014年10月のサービス開始時は、アメリカのみでしたが、その後サービス提供エリアが広がっています。現在では、アメリカのほか、カナダ、中国、英国、オーストラリア、シンガポール、スイス、フランス、香港の、合計9か所で利用が可能になっています。

諸外国が利用可能になっていく中、日本では冒頭の記事にもありますように、通信規格の違いから、対応していませんでした。

Apple Payの強みはセキュリティ

Apple Payのメリットは安全性です。クレジットカードを提示する必要がないので、番号を見られたり、スキミングされる心配がありません。また、Apple PayはTouch IDにも対応しています。そのため実際の決済時には、指紋認証を行って、本人確認を行います。生体認証を使うことで、署名や暗証番号の入力では起こり得てしまうなりすましを防ぐことができます。

決済時の手間を軽減するだけではなく、セキュリティ面も高める、というメリットがあるので、ぜひ日本でもサービス開始されればいいなぁと、個人的には思っています。

© 2016 アイマニ備忘録

スポンサードリンク