アイマニ備忘録

自称IT好きが、パソコンやスマホ、Office等に関して思うことを書いています。その他、ゲームや日常についても語るかも。

ドラクエ11を始めてみた

チャンチャチャーンチャーンチャーンチャーン、チャンチャーン

チャチャチャチャーンチャ、チャチャチャチャーン

(これ、伝わるかな、いやきっと伝わるはず)

CMも流れているので、ご存知の方も多いと思いますが、

ドラクエ11が発売になりました。

今回発売されたのは、3DS版と、PS4版の2種類です。3DSを持っている身としては、このニュースを逃すわけにはいきませんでした。

発売日(7/29)当日にパッケージ版を購入。ダウンロード版でもよかったんですが、物理的に目に見える形にモノのほうが好きなんですよね。パッケージを手にした時、いろんな思いがよみがえってきました。それも振り返りつつ、プレイした感想を書きたいともいます。

手にするまで長かったなぁ・・

自称ゲーマーの私ですが、実は・・

ドラクエこと「ドラゴンクエスト」シリーズは、一番最初に発売されたのが、1986年のファミコン版でした。私そのころ6歳か・・。その後、今回の最新作までの間に、ファミコンのほか、スーパーファミコンやPS、PS2、DS、Wii、Wii Uと、様々なハード向けのものが発売されています。

小学生時代から、趣味や好みがやや男子寄りだった私は、ファミコンもスーパーファミコンも持っていました(ちなみに現在家にはその二つはありませんが、WiiとWii Uはあります)

が!にもかかわらず。

当時遊んだことがなかったんです。ドラクエ。というか、今作出るまでまともに遊んだことがなかったんです、実は。

厳密に言えば、少し前に、スマホ版でドラクエ1を遊びましたが、ラスボスまでたどり着いたけど、倒せなくて、そのあとどうしたっけ・・・(笑)っていうレベルです。

RPGは「高嶺の花」だった

じゃあどうしてやらなかったというと、一言で言えば、当時の私にはいわば「高嶺の花」でした。ソフトをそもそも買ってもらわなくちゃいけない(自力ではなかなか買えない)ことに加え、RPGが時間のかかるもの、という認識はありました。

時間がかかるということは、長時間テレビ画面を占有して遊ばせてもらえないとできません。・・・決してそれが簡単な環境下ではなかったので、やりたい、ほしいと言わなかった、と記憶しています。うろ覚えですが。やってみたいけど無理だよなーという印象のものでした。

RPGやるなら「ハード」の他に「時間」も

スーパーファミコン時代の後、発売されたものがPS、PS2と、持っていないハード版だったのも、ハードルの一つにはなっていました。ソフトだけならともかく、ハードも買わないと遊べないっていうのは、やっぱりちょっとツラい・・。

調べたら、DS版が出たのが、2009年。Wii版が出たのが、2012年。ハードはあったはずだけど・・あー・・・時間と気力があんまりなかった時代かなぁ、個人的には(おぃ)あとはそもそも、発売されたという情報を知らなかったというのもあると思います。

そんな今までの思いや経緯もあり、今作ドラクエ11が3DS版で出ると知って。

今なら!やれるぞ!!!

そう思いました。ということで、念願のドラクエをがっつり堪能することにしたのです。

ドラクエ11(3DS版)個人的感想

パッケージを手にして、ほくほく気分での帰り道、たまたま本屋に寄ったら、こんな本を発見。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて ロトゼタシアガイド for Nintendo 3DS (Vジャンプブックス)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて ロトゼタシアガイド for Nintendo 3DS (Vジャンプブックス)

 

・・・どうせやるなら買ってしまおうか。アイテムついてるし。ということで購入。

あ、でもネタバレを見るのは好きではないので、基本的なシステムの部分を調べたりするのに、使っています。あとや武器や防具の一覧を見たりとか。

そんな本も用意しつつ、プレイ開始。

しっかり堪能したいので、ストーリー部分のムービーはじっくり見る派です。セリフもちゃんと読みます。そして思った。ストーリー展開が面白いですね。話の続きが常に気になるので、どうなるんだろうって思ってついつい長く続けてしまいます。途中でやめられないってやつですね(笑)

登場人物が個性あふれるキャラクターというのも好きです。そしてその個性がちゃんとスキルに活かされています。でもスキルも色々あるので、育て方(スキル振り)次第でパーティの中での役割が変わります。そういったキャラの育て方は、ネトゲで学んでいるので、すんなり受け入れられたし、どのキャラをどう伸ばそうかと考えるのが楽しいです。あ、そこのところを迷ってしまう人は、前述の本を参考にするのもアリだと思います。育成例がちゃんと載っています。

3DS版の場合は、3Dモードと2Dモード、二つの見た目が用意されていて、好きなほうで遊ぶことができます。2Dモードは懐かしのドット絵ベースなので、昔の雰囲気を味わいたい方はこちらがおすすめ。でも私は、前者の3Dモードで遊んでいます。

3Dモードだと、フィールドにモンスターがうろうろしているのが目に見えます。だから、上手にそれらを避けて移動することもできるし、先に攻撃を仕掛けて、1回ダメージを与えた状態から戦闘を始めることができます。また、戦闘中、キャラのアクションや魔法等のビジュアル、効果がわかるので、それも見ていて楽しいです。

昨日(8月4日)時点で、Lv24です。レベル的にも話の筋的にも、まだまだ冒険はこれからというか、続きそうな気配がすごくしています。週末以外はなかなか時間が取れませんが、ちょっとずつ進めて楽しんでいこうと思います。

© 2016 アイマニ備忘録

スポンサードリンク