アイマニ備忘録

自称IT好きが、パソコンやスマホ、Office等に関して思うことを書いています。その他、ゲームや日常についても語るかも。

EX-ICカードが手元になかった驚きの理由

突然ですが、皆さん、「エクスプレスカード」ってご存知ですか?これなんですけどね。

http://expresscard.jp/

平たく言えば、新幹線のネット予約ができて料金もちょっとお得になるカードです。どのくらいお得なのかというと、こちらに値段の一覧が載っています。

expy.jp

年会費はかかるんですが、年会費の額と、自分の利用区間・頻度を考えたときに、十分元が取れると判断して、カードを作りました。

最大の特徴は、「エクスプレス予約」

このカードのメリットは、なんといっても冒頭でも触れました、新幹線の予約ができること。しかも、利用する区間によっては、「ひかり」の自由席より安い値段で、「のぞみ」の指定席が利用できるんです。

※例)名古屋~東京間の料金で比較した場合
・通常の「ひかり」自由席(特急券+乗車券)→10360円
・エクスプレス予約を利用してe特急券(普通車指定席)を購入した場合、乗車券とあわせて→10310円

エクスプレス予約のサービスが開始されたのは、案外古くて、Wikipediaさんによれば、2001年からとのこと。もう15年以上前なんですね。

サービス開始当初こそ、自分はまだ学生でしたが、社会人になってから、年に1,2回程度でしたが、新幹線を利用する機会ができたので、思い切ってカードを作りました。

2008年からは、EX-ICサービスが開始

私がカードを作ってからずいぶん後、2008年からEX-ICサービスが開始されました。どういうことかというと、それまで紙の切符だったものが、時の流れに乗っかって、新幹線も、ICカードでピッ、とすれば利用できるようになった、ということです。

当時、へぇ~とは思ったんですが、前述のとおり、新幹線を使う頻度は年に1,2回程度。頻繁に使う人ならともかく、それくらいの回数だったら、ICカードで乗れるようになる、と言われても、正直メリットを感じませんでした。ずっと紙の切符で利用してきたこともあって、「切符」にやや愛着のようなものがあったのかもしれません。

なくても気にならなかった→あったほうがいいな

メリットをあまり感じないまま、知らないうちに10年近くたちました。カードを作った当初、1,2回しか使わなかった新幹線が、今やどうでしょう。趣味の変化に伴い、遠出することが増え、約ふた月に一度、多いときは月に1回、利用するまでになりました(笑)さすがにそうなるとですね、ネットで予約後、紙で発券するのがやや手間に感じるようになりました。

そんな状況になり、すっかり忘れていた「EX-ICサービス」のことを思い出したんです。

そういえば、新幹線もピッてやれば乗れるようになってるよね?あれ、でもそのピッてやるカード、自分持ってたっけ???希望者が申請するものだったっけ???

自分が持っているのはあくまで、一番最初(IC対応する前に)作った、決済用途のみのカードで、ICカードではありません。だからこれでは、乗れないことは知っていました。でも、気にしてなかったので、カードを持ってたかどうかも覚えておらず、もし受け取っていても手元にないので、紛失したのか??と色々思いを巡らせた結果、とりあえず担当部署に問い合わせてみることにしました。

問い合わせ結果、思いがけない返答が

サイトでFAQから担当部署の番号を知り電話をかけて聞いてみると、思いもよらない返答が返ってきました。

「一旦送らせていただいていますが、送付先不明で返送されてきています。」

 

・・・へ???んな、ばかな。

 

「ご住所はお変わりないでしょうか?」

「はい、特に変わってはいないです。」

えー、いや、ほんとに変えてないよ。請求書だってちゃんと届いてるし。と、思いながら答えていて、あっ、と一つ思い出しました。

「あー・・・もしかしたら、家の建て替えで、数か月だけ仮住まいにいたときがあって、もしかしたらそのタイミングと重なったのかも」

 

・・・そこと重なるんかいっ!!!

 

自分で言いながら、心の中で突っ込んでました。

今度こそ届く、はず!

思わぬ結果に驚きながら再度送っていただくことになりました。電話した時から、2週間程度で届きますといわれたので、あともうちょっとかかるかなぁ。はい、現時点ではまだ手元に届いてません(笑)いやでもさすがに今度はちゃんと届くでしょ。届いたらしっかり役立てたいと思います。

© 2016 アイマニ備忘録

スポンサードリンク